English

News Release

ASCO-GI 2020消化器癌シンポジウムで発表

サイトリミック株式会社が開発を進めているがんペプチドワクチン(CYT001)を用いた切除不能な進行肝細胞癌患者を対象とした第I相医師主導治験(CRESCENT1)の概要について、1月23日から米国サンフランシスコで開催されたASCO GI 2020 Symposium (消化器癌シンポジウム)において、千葉大学医学部附属病院消化器内科の小笠原定久医師より発表がありました。
様々な癌種で抗PD-1抗体の有効性が示され適用が広がる一方、奏効率(効果のある患者さんの頻度)は一部のがん種を除いて概ね20%台にとどまっております。がんワクチンはがん細胞を傷害するリンパ球を活性化し腫瘍部に誘導するため、抗PD-1抗体単独では効果のない「Coldな腫瘍」に対して、併用により奏効率を向上することが期待されています。今回の千葉大学の第I相医師主導治験はこのような併用に向けた1ステップであります。 サイトリミック株式会社は、今後も千葉大学への研究委託を通して新たながん治療法の開発・実用化を進めてまいります。
アブストラクトタイトルと著者:
Title: Phase 1 study of a new concept cancer vaccine composed artificial intelligence (AI)-designed shared-antigen peptides plus combined synergistically activating antigen-specific CTL reaction (CYT001) in patients with advanced hepatocellular carcinoma (CRESCENT 1)
Authors: Sadahisa Ogasawara1, Hiroaki Kanzaki1, Keisuke Koroki1, Kengo Kanayama1, Susumu Maruta1, Kazufumi Kobayashi1, Souichiro Kiyono1, Masato Nakamura1, Naoya Kanogawa1, Takayuki Kondo1, Eiichiro Suzuki1, Yoshihiko Ooka1, Shingo Nakamoto1, Akinobu Tawada1, Tetsuhiro Chiba1, Makoto Arai1, Hiroyuki Nakada2, Nobuko Yamaguchi2, Hideki Hanaoka3, Naoya Kato1
  1. Department of Gastroenterology, Graduate School of Medicine, Chiba University, Chiba, Japan.
  2. Translational Research and Development Center, Chiba University Hospital, Chiba, Japan.
  3. Clinical Research Centre, Chiba University Hospital, Chiba, Japan.
CRESCENT1試験:切除不能な進行肝細胞癌患者を対象としたCYT001の第I相臨床試験、jRCT登録:jRCT2031190072 (https://jrct.niph.go.jp/latest-detail/jRCT2031190072)

PAGETOP